人気ブログランキング |

カグラザカ日記 mintkyoko.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

東京生活、楽しいことあれこれを気の向くままに書いています。


by mintkyoko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2018年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


プリンセス アンブレラ


b0207536_23302259.jpg

4月の作品展に出展する作品ができました。
通ってるフラワーアレンジメント教室の20周年記念作品展。
こちら傘ですが、先生に傘作りたいと相談してデザイン考えて資材から全部作りました。傘の持ちてはワイヤーにパールビーズを巻きつけて、傘本体はオーガンジーで形作って。だんだん可愛くなっていくので作ってる間中楽しかったです。
さて、もう一つ生花のアレンジメントの作品デザインを考えなければ。クリエイティブな活動はいいですねー、楽しい♪



by mintkyoko | 2018-02-28 23:30

ブログ


b0207536_06475272.jpg

ブログを始めた2012年頃はちょうどブログ全盛期だったと思いますが、最近はFacebookやInstagramなどいろんな発信ツールがあって、ブログより投稿が簡単で友達にも見てもらいやすいのでそっちの方が優勢ですね。

わたしもしばらくブログ書いていなかった時期はFacebookにポストしてましたし、今はInstagramも時々アップしたりしていて、それぞれの使い分けなんかを考えることがあります。
とはいっても、使い分けというほど投稿してませんのでどってことないんですけどね、あはは。

わたしの友達はMediumというプラットホームでブログを書いています。写真が記録写真ではなくアートでとっても素敵、文章は英語で書かれていて雰囲気があってカッコいいんです。その友達も時々気まぐれ更新になる時があって、油断してるとまたいきなり再開されていたりして。読者としては不意打ち更新は嬉しくもあり楽しいです。先日の記事で、ぼくのブログなんて誰も見てないだろうからそんな気軽さで何でも書ける、というようなことが書いてありわたしもすごく共感しました。

FacebookやInstagramは見てくれてる人との距離が近くみんなからの反応が嬉しい反面で何でもは書けない気がして。その点ブログは何を書こうと公開してたってどこの誰が見てるかわからなくて読み手との距離があって、気まぐれ更新してるうちに定期読者も少なくなりさらに気軽になるという。結局は主には自分のために書いていて、偶然たどり着いた人やこのブログの存在を知ってる数少ない友達たちが見てくれてるというちょっと嬉しい気持ちを持ちながら、おばあちゃんになった時読み返すのを楽しみに、そんなことを想像しつつ気まぐれ更新していきたいと思います。







by mintkyoko | 2018-02-26 06:45

b0207536_12024349.jpg

表参道駅構内にあるフードコート、Ethica表参道で1日が全部終わりホッとしてガレット。
こちらのフードコートはおいしいパンやワイン、食事のクオリティもよくてひとりごはんするのにもってこいな大好きな場所です。
お肉のグリルも好きなんだけど今日はガレットと白ワイン。
リラックスしてひとりごはんができる条件としては放っておかれるというのが大切な気がします。駅構内って帰りが便利なのもまたまたいいんですよね。
週末の楽しいひとり時間でした〜♪

by mintkyoko | 2018-02-25 12:02

b0207536_07094459.jpg

バッグを買うのが苦手。
それは置き場所に困るからです。
よく収納本なんかにはバッグはバッグの中に、入れ子にしてしまいましょうなどと書いてありますが、それもできるものとできないものがあり結局はバッグの数だけスペースが必要なことが多いです。それにバッグって飽きてもまだまだ使える状態のものが多く処分できず溜まっていきます。
こんなわけで、新しいバッグがほしいと買う気でデパートに行っても結局買えず。そうこうしてると、たまに買っても、あー、なんかこれちょっと失敗だったかもと選ぶのがどんどん下手になってくる、、、の悪循環。

しかし最近仕事で外に出ることが増えてきて仕事らしいバッグが欲しい、荷物がたっぷり入る仕事用の大きめバッグが欲しいなー、うーん、どこで買おうかな。

それで思いついたのがマザーハウスのインターネットショッピング。苦手なわりにいきなりな展開なんですけども、どうせ買うなら品質が良くて長く使えるもの、海外ブランドにお金を流出するのではなく日本企業とか社会貢献度が高い会社のもの、実物を見ると決断力が鈍るのでえいやで買えるインターネットショッピングできるところ、これらを兼ね備えてるのがマザーハウスでした。

マザーハウスはある女性が、途上国の人たちにお金を寄付するのではなく仕組みとしてサポートしたいということで始めたられた会社で、現地生産。デザインも縫製も素材もこだわりぬいて作られた、価格も一生物と思えば買えるお値段のバッグなのです。

めでたく2月15日に我が家にやってきましたこの子。女性用としては一番大きなもので、軽くて内ポケットが充実しててパソコン入れるスペースがついてて、アンティークレザーのダークブラウンもシックな良い感じ、使うごとに味わいが増しそう。

早速先週この子の出番がきまして、1年に一度の仕事関連では一番大きなイベントで、パソコンやらファイルやらたくさん詰め込んで、たくさん入れて重くなっても型崩れせず肩にかけてもさほど重み感じず、しかもスーツにも合って見た目上品〜、しっかり役目果たしてくれて期待以上。

でもやっぱりお店で実物見てだと、ほんとにこれでいいんだろうかと考え込んでしまい、なかなか買えなかっただろうな。判断材料が少ない中で選ぶインターネットショッピング、苦手なもののお買い物にはなかなかいいかも!

このイベントの準備とプレッシャーでここ1ヶ月胃の周辺が痛く週末はストレスMaxだったんですが、やっとそれから解放されてちょっとしばらく放心状態。自分の出番はどれもだいたい成功だったので幸せな放心状態。イベント成功が結びついた素敵なバッグの思い出になりました。この子大切に使いまーす。


by mintkyoko | 2018-02-23 18:07

b0207536_17532616.jpg
これはフィレンツェの大聖堂附属美術館に展示されていた芸術作品。
下の写真の大きな作品の一部で、細部の細部まで手が込んでおり作りこまれています。どれくらいの時間かけて作られたものなのか、何人で作ったのか、どんな工程でこのようなものになっているのか、いったいこのような素晴らしい作品はどうやって作られたのか、まったく想像がつきません。この作品だけではなくフィレンツェでみたものはどの作品も細部の細部まで手が込んでいて本当に素晴らしく、このような芸術のオンパレードを目の当たりにし、作品を作った人たち、当時の人たちは、本当にわたしと同じ人間という生き物なんだろうか?と、自分があまりにもこのような能力が開発されずに生きていたことに今更ながら軽くショックをうけました。

フィレンツェでみた芸術はとにかく立体。細部の細部まで立体。材質がなんであっても立体、絵も立体的、立体にできないところはだまし絵にしてでも立体、彫刻も多かった。そして、芸術の技術としての立体だけでなく、生活や人生や生きるってこと自体が立体的だったのではないかと。喜怒哀楽全部含めて感情豊か、今ほど便利じゃないから座ってても何できないだろうから動きも多かったはず、人とのコミュニケーションは直接的で人というものを今よりも感じたはず。

それに比べて、仕事から人とのコミュニケーションから買い物から、何から何までパソコンがあればできてしまう効率優先の理論的な現代はのっぺりした平面。わたしの日常、なんて平面的〜!仕事は一日中パソコンに向かってることが多く効率優先の思考、活字からの情報が多く実際に目で見てくるとか体験してくるとか感じてくることで得られる情報が少ない、活字だけでわかったようなつもりになってる・・・。フィレンツェで10日ほど過ごしてたくさんの芸術にふれて一番感じたことでした。

パソコンを前に何でも効率的思考で生きることがもったいないというか、人間の価値はそんなことじゃない。素晴らしい芸術作品が作れるとかそれを鑑賞する心があるとか、楽器が演奏できるとかそれを聴いて感動するとか、美味しいものが作れるとかそれが味わえるとか、失敗を繰り返してものを発明するとか、文芸にふれていろんな感情になるとか、そういう文化というものを創れることが人間のすごいところで、パソコンを前にしてお金のために働いて、こういうことがずーっと後回しになってるのは本当にもったいない。お金を稼ぐことは大切なことなんだけど、それが一番、のような風潮は人間としての価値を見失ってる気になります。

こんなことに今更気づいて急に何かを変えることもできませんが、気づいた価値が優先されるような人生を送っていきたいと強く強く思ったのでした。そう考えると、強い意志はなくとも細々と続けられている着物の着付けやフラワーアレンジメントは、かろうじて人間の大切な価値を保つための大切なものだったなと。これは今後も続けていって、あとは旅行をもう少し増やして今回気づいた価値の輪郭を確かなものにしていきたい。
ヨーロッパ、やっぱり文化が詰まってる、すごい!
b0207536_17533092.jpg


by mintkyoko | 2018-02-08 07:25