人気ブログランキング |

カグラザカ日記 mintkyoko.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

東京生活、楽しいことあれこれを気の向くままに書いています。


by mintkyoko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

世界らん展


b0207536_19504964.jpg

東京ドームで開催されている世界らん展。
最終日に行ってきました。

どこもかしこも欄ランらん!!
華やかでゴウジャス。これだけのイベントを毎年やっているなんてすごいです。
いろいろな受賞作がある中で、フレグランスコーナーの欄はとーっても香りがよく、なんていうか目で見る美しさの感動とはまた違う、心を持って行かれそうな感動。
それぞれの花で香りが違っていて、これまた神秘的。。。

フレグランスの余韻をひきずりつつ、フラワーアレンジメントの中川先生が工芸部門で作品を出品されていたので見に行きました。
b0207536_202714.jpg
b0207536_202669.jpg
ブーケ部門に展示されていて、ファンタジーで妖艶な雰囲気が素敵でした。
ビーズが細かい!

だいたい目的は果たしたのでそろそろ帰ろうかとグルッとしていると、今から写真講座をおこないま~す、10名限定で~す、とCanonのブースの前で受講者集めの声が。
コンパクトデジカメでランの花をきれいに撮る、という講座で、花の写真の撮り方の参考になればと50分の講座に参加しました。
先生は花や自然を専門に撮っているカメラマンの並木隆さんという方で、これがすごくよかった。

花をきれいに撮るにはレンズの向け方だけです、とりあえずは機能はいりません。
ズームを最大にしてこのままの状態で撮ります。大きすぎる場合は自分が後ろに下がって調節してください。

これが今日の最大のコツらしく、ものすごくわかりやすかった。

さらに、フラッシュは使わないこと、余白の重要性、花の上からはとらない(地面の色が入ったりするから)、上を向いてる花など撮影に向かない花があるのでそいうのは選ばない、コンパクトデジカメの場合背景をぼかすのが得意でないから背景をぼかしたい場合は対象からかなり離すこと、などなど20分ほどの講義の後、貸し出されたCanonS110というカメラで自由に撮影。

実習中もみんなに声をかけながらで、花の向きの先にぼかした色のコントラストがあるといいよとか、カメラの向きとか教えてくれて、これがまた先生がちょっと角度を変えただけでものすごくよくなり、まるで魔法のようだった。さすがプロ!!
って、先生も、「ね、カメラマンもただシャッター押してるだけじゃないんだよ」などと言ってプロのすごさをアピール。わたしもすっかり、その通りですね、という気持ちになっていた。

そして一番お気に入りを選んでA4サイズにプリントしてもらったのでした。
写真はプリントしてもらったものと同じ構図で自分のデジカメで撮影したもの。
先生から、いい余白のとり方だね、とほめてもらい満足。(って、いいところを見つけて言ってくれたのですけどね。)

他の人の写真をいっぱい見て、自分の好みを探し、そういうふうに撮りたいなというのがまずあって、それから、それを撮るためにはどうしたらよいか、となるそうです。
まずはどんな写真がとりたいか、目標があってカメラも決まるし技術もついてくるのだそうです。
自分好みな写真を撮りましょうという自然体な姿勢が印象的でした。

らん展に行ったはずが思いがけず楽しいイベントに参加でき写真のおみやげまでいただいて、Canonさん、ありがとうございました。
by mintkyoko | 2013-02-24 20:23