人気ブログランキング |

カグラザカ日記 mintkyoko.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

東京生活、楽しいことあれこれを気の向くままに書いています。


by mintkyoko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ベルリン国立美術館展


b0207536_20112710.jpg

上野の国立西洋美術館で開催されている、ベルリン国立美術館展。
学べるヨーロッパ美術の400年と説明されているように、15~18世紀の絵画や彫刻が時代ごとに展示されていた。

ひとくちに400年というけども、15世紀の時代の人は17世紀、18世紀に起こったことを知らない(あたりまえ!)。15世紀は宗教画の時代。後の肖像画、風景画、日常の絵画の時代が来るなんて全く知らなかったはず。

今はこうやって400年という歴史を簡単に振り返ることができ、時代によって違うんだななんて簡単な感想をいうことが出来るけども、当時はその時代ごとの思想、常識、感情、理性に支配されて世の中が動いていたわけで、そう思うと今の時代も22世紀、23世紀の人から見れば単なるさまざまのひとこまにすぎないんだろうな、などと思ってしまった。

印象的に残った作品は、一心不乱に研究をし続けて老人になった様を描いた、天文学者数学者であるエウクレイデス、アルキメデスの肖像画、フェルメールの真珠の首飾りの少女、レンブラントの光と陰の技法がすごい絵、などなど。

音声ガイドのエピローグで、どうですか現地に行ってもっと多様な作品を見てみたくなりましたか、と問われたようにまさに現地に行ってもっともっとたくさんの作品を見たくなった。これが作戦か?

そして、この絵(フェルメールの真珠の首飾りの少女)をモチーフにした、
b0207536_20515942.jpg


こんなかわいいアンペルマンキャラクターのTシャツを買って終了。
b0207536_20175436.jpg

遠いベルリンから日本まで素晴らしい絵を運んでくれてありがたいことです。
by mintkyoko | 2012-07-01 20:11