カグラザカ日記 mintkyoko.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

東京生活、楽しいことあれこれを気の向くままに書いています。


by mintkyoko
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

着物デー


午前中、着付けのお稽古。
午後からは着物のまま、大規模な展示会に教室のみなさんとお出かけ。
展示会というか、販売会というか、高価な着物や帯、小物、草履やバッグ、などなどいろんなものがたくさん展示されている。
高価な着物や帯はめったにさわることもできないから、こういう機会にさわって感触をたしかめて勉強しておきましょうと。

いやいや~、目の保養になった。
着物も帯もそれぞれいろんな生地の素材、織り、染めがあって、柄行きも色もさまざま。
それに帯締め、帯揚げ、襟、などの小物の組合せまで考えると、無限の広がりがあってあれこれ想像するのが楽しい。
友禅など染めの着物はもちろん高価なものもあるけれど、今は紬など昔は日常着だった織りの着物が染めよりも高価なことが多い。理由は織り手が少なくなったこと、または原材料が希少になったことだそう。

先生が時々言っている、こんなに高価だと普及しないのよ~。
わたしも着物貯金でもしないと自分で着物が買えるほどのところにいない。
手持ちのものは母のもので、教室のみなさんもだいたい譲り受けたものや、偶然安く手に入ったものなどを着てらっしゃる。
それでも着物はいいなと思うのは、着物をきると気分がいい。心穏やかな優しい気持ちになれる。動きに制限があるけれど、その制限が美しい女性のしぐさを作り心までおしとやかにしている。
まあその後の洋服に着替えて思いっきり動けたときの開放感もまた気分爽快。
どっちも着られる現代に生きられて、よかった~!
[PR]
by mintkyoko | 2011-02-12 22:13