人気ブログランキング |

カグラザカ日記 mintkyoko.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

東京生活、楽しいことあれこれを気の向くままに書いています。


by mintkyoko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

北川達夫さんの講演


北川達夫さんは、元外交官で6カ国語を話すそう。
中でも、フィンランドとの関わりが深く、今ではフィンランドの小学校で国語を教えているそう。
現在は、日本、フィンランド、ニュージーランドの教育に直接的に関わっているそうです。

そのコミュニケーションの専門家の講演に行ってきました。
すべて実体験に基づく話で、どれもこれも興味深かったけど、とくに印象に残ったのは、

自分とちがう人たちと、どうやって理解し合うか。

『言わなければわからない。しかし、言葉には限界がある。』
言葉ですべてを伝えることはできない。

『相手の言うことを受けとめる。しかし、理解には限界がある。』
人は自分の経験と知識を超えたことは理解できない。

ではどうするか、

『自分と相手との間に理解と納得を積み上げていく。』
発信者は、理解・納得するように言う。
受信者は、自分が理解できるまで、「それはどういうこと」と問う。
自分が納得するまで、「なぜそう考えるの?」と問う。

相手の正当性を認める。

なるほどー。
自分のほうが正しいなんていう先入観を持っていては、とうていかみ合わないはずだ。
価値観の違いもあるそうだけど、価値観の違いとは優先順位の違いなのだそう。
みんなそれぞれ大事だと思っていても、一番大事なのか、10番目に大事なのかの違い。

それから、言葉の習得法も。
まず、3週間くらいかけて文法を勉強する。その後は、ひたすら何でもいいから、覚える覚える、口に出す口に出すの繰り返しだそうです。
例えばフランス語をずっと使ってなくて忘れた場合も、必要になった時点で、文法初級から復習して、後は覚えて出しての繰り返しだそうです。

語学習得でかかせないのは、「必要性」と「恐怖心」。
趣味だけで習得というのはなかなか難しいそうです。
エストニア語をゼロから初めて6ヶ月で、同時通訳までもっていったそうで、急に必要に迫られて、出来なかったら仕事ができないという恐怖心からこんなに最短で習得したそうです。
エストニア語は周りに自分しかわかる人がいない、と気づいた開き直りもあったようですが・・・笑

元外交官なんてどんな、リッチな感じなんだろうと思っていたけど、北川さんは周りを和ませるほんわかした人で、とてもいい人でした。
アッという間の2時間でした。
英語以外の外国語、勉強したくなりました。イタリア旅行に向けて、必要性があるイタリア語かな。

やっぱり自分の経験できないことを経験している人の話を聞くのはすごくいい!
ためになったー。
行ってよかった。
by mintkyoko | 2010-10-24 21:44