カグラザカ日記 mintkyoko.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

東京生活、楽しいことあれこれを気の向くままに書いています。


by mintkyoko
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧


お取り寄せ


大雨の中、お取り寄せ即売会のお手伝いに。
全国からよりすぐりのお取り寄せ商品がせいぞろい。

家にいて買い物ができる、
店舗を持たなくても商売できる
どこに住んでいても買い物も商売もどっちもできる
どんなものが届くか楽しみ

便利な世の中だな。
お取り寄せ商品は無添加や素材厳選ものもばかりでからだにもよさそう。
お取り寄せネット、という専門のサイトもあるようで、そこでの人気商品はすぐに売り切れるのだとか。
人気が人気を呼んでるんでしょうな。

おいしいものって、味だけではないはず。
誰が作ったとか、どこでとれたとか、そのものがもつストーリーがわかるともっと味わい深くなるし、
だれとどこでどんな状況で食べたか、これが幸せとつながってると思う。

考えてみれば、おいしいものを探すってすごく贅沢な楽しみだな。
食べ物を探すではなくて、おいしい食べ物を探す。
恵まれた環境に感謝しなくては。

いろんな人に出会って、たくさんお取り寄せ商品を見て、楽しいお手伝いでした。

本日の戦利品「ミルクプリン」
[PR]
by mintkyoko | 2010-10-31 03:03 | Comments(0)

いつも行っているジムではじまった、ビューティフルウォーキング講座。

講師は、バルセロナオリンピック競歩選手の園原さん、
アスリート、プロスポーツ選手のトレーナーの瀧本さん。

この二人に、歩き方とからだの使い方を教えてもらいます。
近所だしこれも何かの縁と思い参加することに。
瀧本式トレーニングですでにヒップが3cm減になっており実績あり。

しかし、お二人とも本気だしホンモノすぎて奥深い。

脳トレが大事。
みぞおちを中心に手足はそこから出てるヒモだと思って歩いて、
こんなこと言われてもすぐにはできるわけない!
ひとつひとつ段階をふんで教えてもらって、最後にはできるようになるような気になるが、
それにしても、ふだん使ってない自分にとってはまさかの指令を脳から送ってるわけだから、
からだ以上に脳を使ってるな。

自分のからだを知るのが大事。
トレーニング方法も教わるけど、これがものすごく動きが地味。。
でも、すご~く効く、痛い、ヘロヘロになる。ふだん使ってない筋肉を使ってるのだと。
知らない人が見たら、とてもトレーニングしてるとは思えないほど、寝てるだけ、転がってるだけ、みたいな感じ。
いろんな動きや理屈をおそわってるうちに、自分のからだがわかってくる。
わたしの場合は、下腹の筋力が弱く、太股の前がかたいため、腰に負担がかかってる。

教わったことをやってみるのが大事。
やらなければ何も意味がない。

筋トレより、脳トレとコンディショニングだな。
この講座、あと8回続きます。
[PR]
by mintkyoko | 2010-10-30 00:24 | Comments(0)

The Miracle of music


楽しみにしていた、平井堅のライブ。
Roberta Flack と Raul midon との競演。

ナマの平井堅、よかった。
かっこよかった、細かった、金髪のまりものような頭もよかった。
声が優しくて、きれいで。

でも、一番感じたのは、この人は自分のことよくわかってるな、ということ。
なんだろ、うまく説明できないけど話し方、やりとり、それから歌を聴いて、それを強く感じた。
冷静でそれだけの器があるんだろうな。

今年デビュー15周年、彼の自筆メッセージ
「決して完璧な15年ではなかったけれど、何一つ妥協せず、
悔いのない15年だったと、心から誇りに思います。待っていろよ、20年。」
あまりにも素直な重みのある言葉。
ますます好感度あがった。
次は単独ライブに行こうっ!

それから、すごかったのは競演の二人、Roberta Flack と Raul midon。
ホンモノだった。
歌声が空気に溶けていく感じ。
なんなんだろう、あの一体感は。地球と波長がピッタリあってるのか!
とくにとくに、Roberta Flack のあの存在感はなんなんだ。

だれでも、自分の使命を知ってそれをめーいっぱい表現しながら生きるのが大事だと、
そんなことを強く感じだライブでした。

あー、行ってよかった。
[PR]
by mintkyoko | 2010-10-26 23:55 | Comments(0)

月曜日の焼き鳥


知り合いの人から、神楽坂で飲んでるからおいで、とお誘いが。

月曜の夜からノコノコお出かけ。
これが、不思議な人たちの飲み会で、なかなかおもしろかった。

知り合いの古くからの知人だそうで、お一人は大富豪なおじさま。
もう一人は、有名な結婚雑誌の編集の方。

焼き鳥を食べながら、みんなの昔話を聞いたり、お金の話だのなんだのかんだの。
大富豪なおじさまは、おおらかでゆったりとしてて、かなり飲まれてましたが品の良い酔っぱらいに仕上がっておられました。
何百億だの、あのビルがどうのこうのだの、、、世の中にはリッチな人がいるんっだなー。

焼き鳥をたらふくごちそうになりました。
いろんな人に会うっておもしろい。
[PR]
by mintkyoko | 2010-10-26 00:40 | Comments(0)

北川達夫さんの講演


北川達夫さんは、元外交官で6カ国語を話すそう。
中でも、フィンランドとの関わりが深く、今ではフィンランドの小学校で国語を教えているそう。
現在は、日本、フィンランド、ニュージーランドの教育に直接的に関わっているそうです。

そのコミュニケーションの専門家の講演に行ってきました。
すべて実体験に基づく話で、どれもこれも興味深かったけど、とくに印象に残ったのは、

自分とちがう人たちと、どうやって理解し合うか。

『言わなければわからない。しかし、言葉には限界がある。』
言葉ですべてを伝えることはできない。

『相手の言うことを受けとめる。しかし、理解には限界がある。』
人は自分の経験と知識を超えたことは理解できない。

ではどうするか、

『自分と相手との間に理解と納得を積み上げていく。』
発信者は、理解・納得するように言う。
受信者は、自分が理解できるまで、「それはどういうこと」と問う。
自分が納得するまで、「なぜそう考えるの?」と問う。

相手の正当性を認める。

なるほどー。
自分のほうが正しいなんていう先入観を持っていては、とうていかみ合わないはずだ。
価値観の違いもあるそうだけど、価値観の違いとは優先順位の違いなのだそう。
みんなそれぞれ大事だと思っていても、一番大事なのか、10番目に大事なのかの違い。

それから、言葉の習得法も。
まず、3週間くらいかけて文法を勉強する。その後は、ひたすら何でもいいから、覚える覚える、口に出す口に出すの繰り返しだそうです。
例えばフランス語をずっと使ってなくて忘れた場合も、必要になった時点で、文法初級から復習して、後は覚えて出しての繰り返しだそうです。

語学習得でかかせないのは、「必要性」と「恐怖心」。
趣味だけで習得というのはなかなか難しいそうです。
エストニア語をゼロから初めて6ヶ月で、同時通訳までもっていったそうで、急に必要に迫られて、出来なかったら仕事ができないという恐怖心からこんなに最短で習得したそうです。
エストニア語は周りに自分しかわかる人がいない、と気づいた開き直りもあったようですが・・・笑

元外交官なんてどんな、リッチな感じなんだろうと思っていたけど、北川さんは周りを和ませるほんわかした人で、とてもいい人でした。
アッという間の2時間でした。
英語以外の外国語、勉強したくなりました。イタリア旅行に向けて、必要性があるイタリア語かな。

やっぱり自分の経験できないことを経験している人の話を聞くのはすごくいい!
ためになったー。
行ってよかった。
[PR]
by mintkyoko | 2010-10-24 21:44 | Comments(2)

Girls night out


便利な英語、Girls night out
女性どうしでワイワイとお酒を飲みながらガールズトーク炸裂する感じ。
今宵は3人で。

英語学校時代の友達と、久しぶりの再会。
一人はジャズボーカリスト。自分と馴染みのない世界の話をたくさんり聞いてとっても楽しかった。
もう一人は、不動産関係のキャリアウーマン。仕事が楽しくてイキイキしていた。

まずは、神楽坂の人気店「hajimenoippo」 で、おいしいものいただきました。
お給料日前で高いお店はNG、でもおいしいお料理をワインが飲みたいということで探したお店。
お料理は全部おいしかったし、ハウスワインも悪くなかったしなかなかよいお店でした。
こじんまりした店内は雰囲気もよくて、人気なのがよくわかります。

さんざん食べて飲んだ後、まだもう少し飲みたいよね、ということになり向かいのBarに。
半地下みたいになってて店内の様子がまったくわかんなかったんだけど、
いや~、バーテンの気がきいてて、お酒もおいしくてよいBarでした。

マティーニをいただいて、少々酔っています。
楽しかったな~、Girls night out に付き合ってくれる友達がいることがなにより幸せ。
ほんとうに楽しいアッという間の時間でした。
[PR]
by mintkyoko | 2010-10-24 01:18 | Comments(0)

おみそ汁


おみそ汁がおいしい。
涼しくなってきて暖かいものがおいしく感じられます。

最近、業務用の厚削りの削りぶしを見つけて、これがなかなかいい。
混合削りなのでコクもあり、野菜がおいしくたべられます。
(昆布なくてもじゅうぶんおいしいお出汁になるので昆布はカット)

みそは、母の友達が作ってくれたものすごくおいしくて、それに違う種類のみそを混ぜると、
ほんとにおいしいみそ汁になる。

以外とみんなに、えーっと言われるオススメみそ汁は、
トマトのみそ汁。

トマトは湯むきして、種を取って、1cm角。
取り合わせの緑は、イタリアンパセリ。三つ葉でも。
お味噌は、ぜひ辛口ですっきりと。
(もっと細かいこというと、出汁も鰹節でさっぱりした味があいます)

インスタントおみそ汁の「あさげ」にトマトとイタパセを加えただけでも美味しいです。
ゆうげ、ではなくて、あさげ、でお試しください。

食欲の秋。
おみそ汁でごはん2杯いける季節だ・・・
[PR]
by mintkyoko | 2010-10-18 23:28 | Comments(4)

断捨離


『だんしゃり 断・捨・離とは、
自分とモノとの関係を問い直し、
暮らし・自分・人生を調えていくプロセス。

不要・不適・不快なモノとの関係を、文字通り、断ち・捨て・離れ
引き算の解決方法によって停滞を取り除き
住まいの、暮らしの、身体の、気持ちの、人生の、新陳代謝を促す・・・
住まいが、片づかないという悩みはもとより
身体の不調、煩わしい人間関係、忙しすぎる状況をも解決していきます。』

昨日、美容院で教えてもらった言葉。
雑誌で特集されており、流行ってるらしい。

部屋を片づけたいなと思ってたところに、
タイムリーな話題だったので、早速今日は断捨離に取り組んだ。

主に、服と本。
服は夏物を中心に、本は約30冊ほどを処分することに。

服と靴は油断すると増えるので、1枚買ったら1枚処分、1足買ったら1足処分、
これを1年位は続けていたけど、最近はあまり・・・

でもこれ守ればすごく機能する。
欲しい物があっても、どれ捨てようか、と考えるとなかなか買えないし、
手持ちの物ですませられるようになる。

それから本。
数年前にものすごく本を買って読んだ時期があって、それ以来本が増えた。

1年前、都会の図書館のすばらしさに気づき、それからはもっぱら図書館。
図書館webで読みたい本を検索し、予約して最寄りの図書館のカウンターに取りに行くだけ。

ほんとは、家が広くて十分な書庫があれば、読んだ本は全部とっておきたい。
でも、今はムリなので、図書館を利用しつつ、手持ちの本は厳選していこう。

執着をすてて、部屋も自分もスッキリ。
[PR]
by mintkyoko | 2010-10-17 20:35 | Comments(4)

秋のヘアスタイル


つぎ、どんな髪型にしようかな~、ぶつぶつ・・・うじうじ・・・

「あのねー、外に出られないくらい、いやな髪型なんてめったにならないでしょ。
だったら何でも好きにやってみればいいじゃん。どうせまた伸びるんだし。」

この、友達の一言で、急にいろいろ試してみたくなった。
気に入ると同じ髪型にしてもらいがちだけど、洋服かうよりより髪型かえるほうがずっと気分転換になるし、イメージも変わりやすいしね。

ワンレンのボブを崩しました。
久しぶりに少し短くなっていいんじゃないでしょうか。

美容師さんとは、もう10年以上の古いおつきあい。
美人にしてください、とかムリなこと言っても、ちゃんとそういうイメージにしてくれる。

アシスタントの方たちも、お客さんも、みんなが同じ波長をだしてるような、居心地のよい美容院なのです。
[PR]
by mintkyoko | 2010-10-16 23:18 | Comments(0)

ゲキシネ


ゲキ×シネ「蛮幽鬼」
すごい迫力だった。
舞台を撮って映画館でみる、ゲキシネ。

客席からだとぜったいわからない、俳優さんたちの迫力jある表情がアップで映され臨場感タップリ。
3時間上映に見おわった後はややグッタリ。

一緒に行ったSちゃんと、帰りに感想など話したけど、咀嚼する時間が必要だね、と。
自分なりにどう解釈するか。

恨みに囚われ続けた主人公、恨みと復讐の連鎖は多くの人を犠牲にする。
恨みから解放されない限り、自由の身であっても監獄にいるのと同じ。
塀をつくったりオリをつくっているのは自分自身。

恨みだけとは限らない、自分が囚われていることからどうやって脱獄するか。
意識を変えて脱獄できるか。

俳優さん汗だくの迫真の演技、深い内容、長い上映時間・・・・・、圧倒されました。
行ってよかった。。。
[PR]
by mintkyoko | 2010-10-15 11:40 | Comments(0)