カグラザカ日記 mintkyoko.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

東京生活、楽しいことあれこれを気の向くままに書いています。


by mintkyoko
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

アンペルマン オクテット ベルリン


b0207536_2016303.jpg

AMPELMANN Oktett Berlin
楽しみにしていたコンサート
会場は六本木のサントリーホール ブルーローズ。
きれいでおちついたホール。

すばらしい演奏だった。
行った甲斐があった。よかった。。しみじみ。。
生の音はもちろん感動したけど、それと同じくらい演奏者のみなさん、楽しそうにいきいきと楽器を演奏していて、それを間近で見られたことにも価値があった。
この方達、この楽器を演奏するために産まれてきたんだろうなーと。

そしてみなさん、以外とふつう。
ヨーロッパのクラッシック奏者なんていうのは、セレブな生活?と勝手に想像してたのだけど、写真のコントラバス奏者 高橋徹さんのブログを見ていると、連日ツアーでの移動、荷物も自分である程度運び、オフの日にはそれぞれ富士山に登ったり小旅行に出かけたりと、いたって普通。それだけクラッシック音楽が特別なものではなく生活に根付いているんだろうか。

写真は本番前の音調整に出てこられたところを撮影。
リハーサルの様子など、高橋さんご本人のブログに詳しく書かれている。
ベルリンでさーて何を食おうかな?
高橋さんって、ほんとに笑顔の素敵な方だった。ブログと同じだった、って当たり前か・・。
人間的魅力あふれる、コントラバス奏者。

ちなみに、アンペルマン(AMPELMANN)とは、
旧東ドイツで使われていた信号機のマーク。東西統一後は西ドイツのものに統一。その後、アルペルマンを救え運動がおこり、現在はベルリンでアルペルマン信号機が復活。その他、色々なグッズとして世界中に広がっている。
[PR]
Commented by Toruberlin at 2012-05-16 00:50
はじめまして!ですよね?
それとも、ブログにコメント戴いたことがあったかしら?
このコンサートで、お話したかな?
ありがとうございます。
嬉しいやら恥ずかしいやらですが、楽しい時間を過ごしていただいたのは良かったです。
今年の秋も、アンペルマン室内楽、企画中です。
ですが、この秋は東京は無いかもしれません、
また、ブログでご紹介しますので、おいで下さい!
ところで、神楽坂!
私の一族は、赤城神社の裏側の築地町で江戸時代から左官業を営んで来たのです、僕も神楽坂は本籍だけじゃなく、思い入れの深い町です。
ではまた!
Commented by mintkyoko at 2012-05-19 13:33
Toruさん、はじめまして!
コメントいただけてとても嬉しいです。
フィレンツェ田舎のブログで、Toruさんの登場をキッカケにそれ以来のベルリンでさーてファンです。
日本でコンサートをされるとのことで、ぜひ聴いてみたいとおもいコンサートに行きました。去年の思い出に残る出来事のひとつです。今年もアルペンマンコンサート企画中とのことで、また楽しみにしています。
神楽坂にも馴染みがあったのですね!
築地町すぐ近くです。私は神楽坂生活5年目です。最近は再開発が進んで新しいいビルも建ってますが、まだまだ風情があり楽しい町です。去年、カナルカフェに来ていらっしゃるのをブログでみてなんだか嬉しくなりました。わたしもよく行きます。

コメントありがとうございました。
これからもベルリンでさーて、楽しみにしています!
Commented by Toruberlin at 2012-05-31 02:33
こんばんは!そうでしたか、Firenzeの千穂さん繋がりでしたか!
神楽坂、本家は無くなってしまいましたが、横寺町に菩提寺はあり、また小中学校が飯田橋でしたから友人も多く、まだまだ繋がってます。
また、ご案内いたします。アンペルマン共々、よろしく!
Commented by mintkyoko at 2012-05-31 22:34
Toruさん、こんばんわ。
神楽坂繋がり、フィレンツェ繋がりの偶然ですね!
Toruさんのブログ、いつもとても美味しそうで楽しませてもらっています。
昨年のコンサートで今まであまりなじみのなかったクラッシックも一段と好きになりこちらも楽しみが増えました。
アルペンマンも応援していまーす!
by mintkyoko | 2011-11-09 20:19 | Comments(4)